トップページ | 2006年12月 »

2006年11月29日 (水)

カトリック

今日は、聖書の勉強会であった。

昨夜からあれこれ準備していき、

これでばっちり・・・と思ったら

周囲から猛烈に電話攻撃!!

何でよーー。もう嫌ーーー。

何で私の家と携帯にコールするの??

みんな病気??私まで気が変になりそう!!

勉強会も案の定、打ちのめされてしまった。

私は、カトリックを信じています。

でも、今は信者ではないと先生から

宣言されたのです。これって今の状況を

更に追い込めていない?家から夫に電話を

して涙が止まらなかった!!

ご聖体をいただいてはいけないのだそうです。

私たち夫婦は…これ以上、大罪を犯さないように

神様救いの道をお与えくださいって先生は、

祈っていた。ん?ちょっと待って…どうして?

何でですか?なんの知識もないから、わからないで

夫の入院している病院近くの教会で朝ミサに

あやかっているのに、そこでご聖体をいただいては

いけないと言われました。あーそうですか!!

わかりました。そんな閉鎖的な考えだからここ南国は、

カトリックが栄えていかないんでしょうね。よーーーく

わかりました。もう、ここの教会のミサにも参加したく

ないし、って参加できない状況に追い込まれて

いるのが現実です。そんな閉鎖的なカトリック教会

ってありーでしょうか??今年の受洗者0人なのには、

こんな訳があったんですね。私も持病を持っていますが

夜になってストレスからあちこちに出てきました。

教会に行って癒されるならわかりますが、打ちのめされて

帰ってくるなんて…信じられません。私の病は、ストレスで

更に酷くなるんです。悲しい事です。カトリックの

すばらしさを伸べ伝えるために私も一緒に祈って

いるのに…。

イエス様の愛どころか教会に行って病が

酷くなるなら行かないほうがいい・・・。

でも悩んでも仕方ない。

行動あるのみ。よーーし。

今週末、高円寺教会へ行きます。

晴佐久神父様にお会いしてきます。これもきっと

きっと神様からのお導きだと信じております。

数日前、実は高円寺教会へファックスを入れて

おいたんです。何をって・・・そう。

神様が本当にお望みであるならば、今週末高円寺

教会へ行けるって、書いているんです。

やはり、神様は全てお見通しでしたね。

間違いなく、今週末12/3の日曜日

主日のミサに参加すべく南国より行きますから・・・

早速、往復の電車の予約を入れました。

グッドタイミングで予約が取れまして、あとは土曜日に

なればいいのです。高円寺教会へ土曜日の夜

行きますから・・・あとで連絡しておかないと…!!

誰かご一緒に行きたい方はおりませんか??

いちごと一緒に行く高円寺教会、晴佐久神父様の

ミサ参加ツアー募集しております。もし、カトリックに

興味を持ったとかいちごに逢ってみたいとか

晴佐久神父様にお会いしてみたいとか言う

方がおりましたら、いちご宛にメールいただけると

嬉しいです。生のいちごがどんな人間なのか

一度お会いしましょう!!

★イエス様の愛がこんなにすばらしいって

お話、たくさんしましょうよ★

その後、わが子がいる茨城まで行きます。息子に連絡した

けれど繋がらない、娘の事も心配だけれど・・・逢いたい。

私の愛する子供達、できればあなた達と一緒に母は住みたい

そう思って今の夫とも相談しています。皆が幸せになれます

ように・・・病の床にいる夫からそんな御言葉をいただいて

本当に嬉しくて涙が出ました。身も心も清くなりつつある夫に

早く病から開放されますように、今夜も心から祈ります。

キリスト哀れみたまえ!キリストよ、哀れみたまえ!!

キリストよ、哀れみたまえ!!!迷える子羊、我らを救い給え!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月28日 (火)

姪っ子の朗報

今日、夜になっていちごの実家より電話が鳴った。

ウン??今頃、実家の母の携帯よりコールだなんて

もしかして母に何かあったのだろうか?

いちごの母は、心臓を患って今も一人で暮らしているし、

障害1級を持っている。でも、声が明るく元気なのでとても

障害者には見えないし、聞こえない…

また、何か電話で怒られるのか?

いろいろな事が瞬時に頭をよぎる。ところが・・・

姪っ子の朗報であった^^

姪っ子は、5年間も今の彼と愛を育み、来春2月に結婚が

決まったとの事。

よかったね。兄の声・・・娘を嫁に出す父の

寂しさ、でも嬉しさ、驚きと至福の時・・・

でも、本当に心から嬉しいし感動の瞬間であった。

姪っ子と私は14歳しか年が

離れていないので姉妹であったり、母娘であったり、

時と場合によって様々なお役目が私に回ってきたから

こそ可愛いのである。

自分の娘を嫁に出すような気分にさえなる。

その後、母に電話が変わる。相変わらず、元気な声。

とても、病人には思えない・・・そして、姉へ電話を変わる。

この度は、一人娘さまのご結婚が決まったそうで本当に

おめでとうございます。と言ったら、姉は涙ぐんでいた。

これこそ、母の愛である。姉は、情にもろく心も優しい人。

今日聞いたのは、姪っ子もそうであったらしく、本当に

驚いている感じが関東からここ南国へ伝わってきた。

そして、さらにびっくりしたのは、教会で結婚式をあげる

様子であった。しかもカトリック教会だそうである。

えーーーー????本当なの????これこそ、まさに

奇跡としか言い様がないし、すばらしいイエス様の愛が

ここでもしっかり伝わっている。きっと姪っ子もイエス様に

導かれていたんだ・・・そう思うとこれまでの一連の事柄が

納得もできる。

おおー素晴らしい事、素敵な事、感動する事、

明日は聖書の勉強会であるし、コーチさんである夫からも

コールがあるから一番に姪っ子の朗報を伝えたいし、

勉強会の先生にも伝えてこようと思う。

愛に生きる

主イエス、あなたは仰せになりました

「わたしを愛するものはわたしの言葉を守る。

私の父はその人を

愛され、父とわたしはその人を愛され、

父とわたしはその人のところに行き、一緒に住む。

父がわたしを愛してくださったように、わたしも

あなたがたを愛した。わたしの愛にとどまりまさい」

ふと思い出したのだが、昨日の電話でコーチさんが言ってた

言葉。

近い将来、きっときっと驚く事があるよって・・・

この事だったんだ。

今になってやっとわかった。自分の身内の事は、わからないものだ。

それは、どうしても自由意志が働いてしまうから・・・。

思いや言葉の自由意志だけが先に走ってしまうから。

いちごにもようやく春がきたのかもしれない。

すばらしい信仰と愛と希望と勇気を持ってこれからもずっと

ずっと生きていこう。いつか永遠の命に導かれる日まで・・・

★姪っ子Rちゃん。本当に本当に心からご結婚、おめでとう★

イエス様に招かれたものは幸いである。

私の実家へも間違いなくイエス様の愛は押し寄せてきた

のであった。関東でも私の実家のあたりはキリスト教が

普及していない地域であるし、神社仏閣が一帯を占めて

いる地域でもある。夫になる方は、どうやらカトリックを

知っていたらしい。神父様と親しいとの事、

なんてすばらしい人をお婿さんにしたのだろう。

もうこれで大丈夫きっと姪っ子の病アトピーも治ると

イエス様から言われているし、それは私の誕生日に

である。実は、私と姪っ子は同じ誕生日なのである。

そのプレゼント

としてそんな御言葉を頂いていたのである。ありがとう!!

イエス様、そして全ての天使と聖人の皆様、これからも世界中の

人々に愛と幸福と希望がもたらされますように、天使の母として

祈ります。父と子と聖霊のみ名によって アーメン(確かに)+

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年11月27日 (月)

お父さんへ

夫のお父さんが帰ってきた!!

会いたかった、ここの数週間本当に辛かった。

何がって…?お父さんに会えなかった事。

だってお父さんは、いつも私を影で見守りフォロー

してくれたんだもの。この世においてもう実父は

いないいちごにとって夫のお父さんはかけがえのない

大切な人…だから、会えない日は本当に辛かったし

苦しかったし、夜何度泣いても神様にお祈りしても

どうにもならない、その辛さや困難の先には希望なる

ものが現れた。神様は決して私たちを見捨てたりは

しない。そう、それが慈しみの神、哀れみの神である

イエス・キリスト様なのである。

夫の実家へ病院帰りに立ち寄ってみたら、すばらしい

びっくりが待っていた。あれ?お父さんの部屋が電気が

着いている…お母さんきっと電気を消し忘れていたのだろう。

そう思い、家へ入るとお父さんがいた・・・えーーー??

本当???これって夢じゃないの???

夢だったら覚めないで!!!

いや。確かにこれは、現実の話である。

そう…話ながら、自分でも

興奮していて涙がポロポロでてきた。

だって、だって、だって

ずーーーっと心配してあいたかったんだもの…!!

おとうさん・・・お父さん・・・お父さん。私の様子にお母さんは、

お父さんの為にこんなに涙して喜んでくれる人がいるなんて…

そういっていた。

お父さん、本当によかった、よかった…!!今まで困難・苦難があっても

何となく、信仰を持ってから先が読めていたのだが今回ばかりは、

イエス様に「あっぱれ!!本当に心から感謝と賛美と捧げます!!

そして、ありがとうございます。」

お父さんに言われるままにその夜は、実家へ泊まる事にした。こんな事って

ありえないし、お父さんの力の偉大さを改めて知った!!

天界にいる実父(お父さん)、私はこの世でのお父さんを大切に優しさと

愛を持って残りの人生、生きていきますからゆっくり蓮の温泉につかって

見守っていてくださいね。いつか、私の肉が滅びて永遠の命へ向かう時、

一番先にキリスト様にお願いして会いにいきますから…それまで待って

いてくださいね。そういう、私はかなりのファザコンなのかもしれない。

その愛は、キリスト様も同じなのでしょう。父親の愛…

夫を宜しく頼むよ。

これは、私の愛する大切な子であるから・・・

そう夫を頼まれたら嫌とは

言えないよねー!!キリスト様への愛について悩んでいた時、聖書の

勉強をしている先生からそういわれたのである。

イエス様から日々いただいている愛は、お父さんを通して間違いなく私の

所へも伝わっているのである。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年11月23日 (木)

明日は晴れるよ再開のお知らせ

この度、明日は晴れるよ再開する事になりました。

先日までお世話になった皆様、これから更に充実

したサイトにすべく更新していきたいと思います。

たくさんの皆様と共に生きる喜び等分かち合えたらと

思っております。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

トップページ | 2006年12月 »