« 主日のミサ | トップページ | 今日の巡礼の旅 »

2006年12月11日 (月)

私の全てをお捧げします!

私の愛するイエス・キリスト様。

私は、もうこの世に何の未練も

ありません。どうか、今すぐにでも

私の肉の命をあなたに捧げます

持っていってください。私の今まで

犯した罪が重罪であるならば、地獄

でも煉獄でもいいです。あーでも、

私は信者ではないから、どこにも

入れないんだった!!

もうこの世に想い残す事はありません

自殺しようと思ったけれど他人に

迷惑かける訳にはいきません。

だから主イエス様、あなたの御前に

喜んで私の命を捧げます。

どうか、私の肉が滅びる事によって

助かる人がいるのであれば今すぐに

でも私の命を持っていって下さい。

私は、ハイ、イエス、喜んで行きます。

天の国へ・・・!!この世での人の

自由意志によってもういちごは、

何のこだわりも未練も執着もありません。

ですから今すぐに私の命、お捧げ致します

優雅爛漫天界にいる実のお父さん

もしかしたらお父さんには逢えないかも

しれないけれど、きっときっと神様が何とか

してくださるから見守っていてね!!

 もうずいぶん前、父からの御言葉には、優しさと愛情あふれるものがみなぎっていました。
ああ。そうだ、私もこんな私でも親には愛されていたんだ。そう感じました。


娘よ、可愛い娘、父は娘に逢いたい。
お前の病気の事だって心配しているし、再婚すると聞いた時は、
今度こそ、幸せになれる。そうおもっていました。
でももう時間だといわれました。別れはさびしいね。でも娘よ。娘。

逢いたい。逢いたい。娘よ。
元気で幸せになってくれ。父は信じている。娘よ。娘。娘。娘。


※ 娘のところには、実際の私いちごの本名前が入っておりました。

我が娘(私の本名) 父親の愛は無限と 優雅爛漫にし 涙こぼれる

天界の父からの俳句です 
生前も父は俳句を楽しむ人でした

 まさか、天界から御言葉をいただけるなんて思っても
いませんでした
 

あ○o。.り○o。.が○o。.と○o。.う○o。
あ○o。.り○o。.が○o。.と○o。.う○o 

本当にいつも心配して見守って
さってあ○o。.り○o。.が○o。.と○o。.う○o。.

如来様、菩薩様、仏の世界で亡くなった父を優雅爛漫天界において心配する
事のないように、(=´ー`)よろしくお願いいたします

† 主イエス・キリスト様、あなたを信じて 委ねてお任せいたします †

|

« 主日のミサ | トップページ | 今日の巡礼の旅 »

コメント

いちごさん、何かあったのですか?
自殺だなんて・・・
いちごさんがいなくなったら、私も生きていけません。
どうか変な気を起こさないで下さいね。
お願いします。

投稿: 孤凛 | 2006年12月11日 (月) 19時53分

孤凛ちゃん、こんばんわ!
心配してくださってありがとうございます。
私は、自由意志が働く時、本当に落ち込んで
誰もこんな状況だったら生きる希望をも
失ってしまうと思うんです。
でも、自殺できないようになっているから
この中でもがき苦しんでいるんです。
自殺しようとしても喜ぶのは、
悪魔だけですからね。ようこそ悪魔の
世界へ…なんて事になったら大変!!
だから全てをイエス様にお委ねしました!!
いつ肉が滅びてもいいんです^^

投稿: いちご | 2006年12月12日 (火) 00時39分

こんにちは。
家族のこと、病気のこと、悩みは尽きませんが、神は、弱い自分を全てさらけ出し、救いを求めている人間に必ずや手を差し伸べて下さいます。

どうか、苦悩や矛盾に満ちている世間に負けず、どのような光に導かれるか・・しっかりした目で見据えて生きて下さい。

クリスマスももうすぐですね。
イエス様の誕生を心静かに待ちわびましょうね。お体大切に・・・

 

投稿: ゆみこ | 2006年12月12日 (火) 16時07分

ゆみこさん、いつもコメント頂き
ありがとうございます。今朝は、
心配してお電話を頂いて励まされ
ました。★感謝です★

そうですね。もうすぐクリスマス
ですね。世間では…カトリックでも
一番の美しい時期でしょうね!!
今年こそ、楽しみたいものです☆

投稿: いちご | 2006年12月12日 (火) 22時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/4500336

この記事へのトラックバック一覧です: 私の全てをお捧げします!:

« 主日のミサ | トップページ | 今日の巡礼の旅 »