« † 巡礼 † | トップページ | † 主日のミサ † »

2007年1月15日 (月)

† いちごの御心 †

このサイトを読んで くださっている皆様、いちごの書いた 内容で多くの心配をおかけしましたこと、本当に申し訳ないと 想っております心から謝罪と 回心の念をするように、イエス様より お叱りをうけました。保護聖人である アンナ様よりも、

”ちょっとリアルに 書きすぎたわ!”

と 言われて心から反省、改心しているところですイエス様は、本当の愛、愛の伴う 祈りや願いしか 聞き入れてくれません。それは、日々身を持って 感じわかっているいちごでしたが、表現の仕方に 問題があったようですね!!

イエス様は、自分の利益や欲にしか ならない祈りや願いは、どんなに祈っても 聞きいれてもらえません。私、いちごは、いちごの命が消えたとしても

我子やマリア・ステファノの 病気が完治すればいい、そして世界に 平和が訪れますように!!皆が全人類が 愛と希望を持って 生きていけますように!! 皆が聖と なりますように!!”

そういった願い、祈りであったのです。だから、愛に生きる、愛を歌う、愛のために自らを犠牲にしてまで守りたい、我子たち・・・その思いだけなのです。だからこそ、祈り願い、お返事、お導きがあったのだと想っております。

そして、このサイトに 掲載する前に、いつもイエス様が 確認されるので、真の内容で なければエラーになって 掲載することさえもできないのです。これは、自分で書いた内容を 読んでみると本当によく わかっております。なので、今回、掲載できたことは、事実であると 確信しておりますイエス様を 信じていても、信じていなくても イエス様は全ての人に平等に 愛を持って、神の国から あるときは聖霊という 形だったり、あるときは、 キリスト者を とおしてだったりと 様々なメッセージを伝えてきます。

だからこそ、信徒の交わりが 必要であるとも語っておられます。お互いの信仰を深める意味でも 信徒同士が集う場所を 大切になさっているのです。キリスト者が 二人以上いる場所には、必ず イエス様は一緒におられ、どちらかを通して 語っておられるのです

いちごだけではなく、このイエス様の愛を 心から扉を開いて信じる人には、イエス様は無限の愛をもって降り注いでいるのです

”いつも、心に聖霊さま、来てください”

そう祈りましょう!!きっときっと皆様の御心にも イエス様の愛が伝わる日は近いといちごは想っております。

三位一体とは・・・

”父と子と聖霊のみ名によって” アーメン †

|

« † 巡礼 † | トップページ | † 主日のミサ † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/4940876

この記事へのトラックバック一覧です: † いちごの御心 †:

« † 巡礼 † | トップページ | † 主日のミサ † »