« † 我子との再会 † | トップページ | † 聖家族(家族愛) † »

2007年1月 7日 (日)

† 愛する息子へ †

この8日間、いちごにとって 母としての時間であった。 そう最愛の息子が いつも一緒で あった。 数年ぶりに逢った 息子は、人が変わったようになって いた。 自分の息子とは思えないくらい、立派に 成長していた。 

子育て時計は、動き出したけれど 母の思いだけが ついていけない。母の子育て時計は、あなたを 手離した時から全く、成長して いないんです。よく 考えたら 子供と共に私たち 親も成長させてもらっているんですね!!

そんな我子を 授けてくださった神様に感謝します!

そして、決して見捨てない 神様に感謝します!

息子は、地元 茨城での生活ぶりを 聞いている限りでは、 お邪魔ものだけれど教会その他、南国では心から歓迎されて、 とても喜んでいた。 どこに行っても待っていたのよ そう言われて 何度涙していたことか!!

”こんな俺でも 歓迎してくれる、それがカトリック教会!”

”俺も洗礼 受ける!”

元日のミサに 高円寺教会で初めて参加して 息子の決意… 奇跡としかいいようがない。 

”ご聖体が欲しい!! みんなみたいに俺も 食べたい。”

そんなまっすぐな思いが 伝わってきた。 晴佐久神父様より 第一印象、 目が違うって言われた。 どう違うのかは、 私にはわからないけれど 

私よりはるかに霊聖は、 高く話を聞いていると 本当に神様から守られているのが よくわかる!!

イエス様は、母の日々の祈りをちゃんと聞きいれて いただけてたんですね!!

この春、息子は高円寺教会で洗礼を受けることになった

開かれた教会は、聖書の勉強は後でもよいのだそうです。イエス様の愛をまっすぐに信じてさえいれば…!!

洗礼名は、 ヨセフ・アンナ” である。これは、マリア・ステファノが考えてくれたのである。

ヨセフ様は、 マリア様の夫でありイエス様のお父さまである。

アンナ様は、マリア様のお母さまであり、私の保護聖人でもある。永遠に母との絆が消えることはないようにと 考えてくれたのである。 

マリア・ステファノの心が本当に 清いと思うし、 日々病はよくなっていると信じて 祈りをしている。

|

« † 我子との再会 † | トップページ | † 聖家族(家族愛) † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/4836774

この記事へのトラックバック一覧です: † 愛する息子へ †:

« † 我子との再会 † | トップページ | † 聖家族(家族愛) † »