« お誕生日おめでとう☆ | トップページ | † 元気 † »

2007年2月 5日 (月)

† いちごの御心 †

いちごは、体調がすぐれないどころか、心まですぐれない状態にまで 落ち込んできた。こんな事って初めての 体験。どうすれば、光は見出せるのか?いちごの聖書の先生にまで すごい御言葉をいただき、本当のことって 何なのかさえ、判断つかなくなっている

”† いつくしみ深い神よ、どうか私の心にむなしいことに目を注がないようにしてください。そして、それを待つ忍耐をわたしに与えてください †”

ヨブ記7:3~8より

そうだ、わたしの嗣業はむなしく 過ぎる月日。労苦の世々が 定められた報酬。 横たわれば いつ起き上がれるのかと思い 夜の長さに倦み いらだって夜明けを待つ。

肉は蛆虫と かさぶたに覆われ 皮膚は割れ うみが出ている。わたしの一生は 機のひよりも速く 望みもないままに 過ぎ去る

忘れないで ください わたしの命は風に過ぎないことを。 わたしの目は二度と幸いを 見ないでしょう。 わたしを見ている目は、 やがてわたしを見失い あなたが目を注がれても わたしはもういないでしょう。

ヨブ記7:13~

「床に入れば 慰めもあろう 横たわれば 嘆きも治まる」 と思ったが あなたは夢を持って わたしをおののかせ 幻をもって脅かされる。 わたしの魂は 息を奪われることを願い 骨にとどまるよりも 死を選ぶ。 もうたくさんだ、いつまでも 生きていたくない。 ほうっておいてください。 わたしの一生は空しいのです。

|

« お誕生日おめでとう☆ | トップページ | † 元気 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/5211985

この記事へのトラックバック一覧です: † いちごの御心 †:

« お誕生日おめでとう☆ | トップページ | † 元気 † »