« † 晴佐久神父様の講演会 † | トップページ | † 新しい風 † »

2007年4月14日 (土)

† 巡礼の雨の意味 †

いちごは、おとといから気持ちが悪く体調がよくない。でも、引越しも前にしてそんなことも言ってられないが、この症状、ストレスが極限に達しているのだと思う!引越しの見積もりが終わるとしばらく休んでいたが、夕刻近く、思い出したように出かけた。

そう向かった先は、これまで何度も足を運んでいる”大分キリシタン殉教公園” であった。これで、何度目になるかわからないが、きっと神様が数えてくださっていることであろう。いつものように、ロザリオを唱えながら、向かう。一番大きな石碑に向かってご挨拶。私の今の心の状況は、説明しなくてもイエス様がわかってくださっているのであえて 言わない。主の祈り・・・マリア様への祈りを唱えた。そして、世界のみんなに平和が訪れますように!!そう祈った。そこで、少し持参したおやつが口に入った。ずっと気持ち悪くてなかなか口にできなかっただけに、嬉しかった。神様、ありがとう!!

それから、帰り道、買い物をして外へ出たら、土砂降りの雨であった。この雨はきっと私の心を悲しみや苦しみ、辛さをわかってくれてきっと洗い流してくれているのだと思った。私もあえて傘は、なしでずぶぬれで歩いた。でもこの感触。これまでここ大分へきて、何度味わったことだろう。もう、おびえることもない、怖がることもない。だっていつも神様がいろいろな形で私に導きを与えてくれる。今日は、雨でも明日は晴れるよ・・・そう今日は、朝から良い天気である。いつか、南国へきて本当によかったと言える日がくるまでいちごには、まだ休養が必要なんだと思う。来週、主治医に予約を入れた。症状が悪くなっているので相談する予定でいる。

神よ、私に新しい土地での生活をするための準備を滞りなくできますように、御力を与えてください。父と子と聖霊のみ名によって アーメン †

|

« † 晴佐久神父様の講演会 † | トップページ | † 新しい風 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/6088857

この記事へのトラックバック一覧です: † 巡礼の雨の意味 †:

« † 晴佐久神父様の講演会 † | トップページ | † 新しい風 † »