« † イエス様の御力 † | トップページ | † 晴佐久神父様の講演会 † »

2007年4月11日 (水)

† 最後の十字架 †

いちごにとって、これが最後の十字架となる身内への神様の計らいによる行動・・・。詳細は述べられないが、これまで私がどんなに誠意とつくしても心をつくしてもこの方には通じなかった。

”最後の言葉は、退院したらあなた面倒みるんでしょ? ”

であった。神様は何でもわかっている。だからこそ今回こんな計らいをしてくれたのにも関わらず、まだ私に文句を言う。言い方がきつい人なのかもしれない。私はそれだけで、弱い人間なのかもしれない、まだまだ未熟ものなのかもしれない。でも、本当の正しい生き方は違う。

神様の私に導くその道、こそが私にとって最高の人生だとおもっている。直接神様の声は、私は聞くことはできないけれど、様々な形で気付きがあるから本当に心から感謝している。

今までの私だったら、えーそんな事できません・・・だったと思う。お金に関わることなので・・・でも、今回は違う、神様がそう語り本当にその道が進んでいるのであった。でも、これはきっと神様からの贈り物だと私は感じているし、新しい生活をそして本当の体の病気を全て治すには、この勇気も必要であったんだと思っている。

皮肉に言われたことは、忘れないけれど裁くことはしない。それは、神様が一番わかっているから帰天したときに人生でわかるはず・・・。これからの人生、ちょっとした心がけだけでも変ってくるといっても過言ではない。神様が私の前に大きく手を広げて待っている。さあ、ここにいらっしゃい。そう私たちは、神様から選ばれ、導かれたものだけ、そしてそれを心から信じるものだけが通れる道なのである。

私は、どんな事があっても恐れません。それは、神様を絶対的に信頼しているからです。今日も生かされているこの一日を大いに感謝して賛美を捧げよう。そして、平和が訪れますように、父と子と精霊のみ名によって アーメン †

|

« † イエス様の御力 † | トップページ | † 晴佐久神父様の講演会 † »

コメント

新しい生活のスタートを決心されたのですね。私もその方が良いかな。と思っていま
した。
これからは、自分らしく生きて下さい。
きっとお体も良い方へ向かうことでしょう

私は、昨夜から新しい神父様との勉強会がスタートしました。
あまりにタイプが違うので少々戸惑っていますが、そこに主がおられる。ますので、大丈夫でしょう。

桜の季節は出会いと別れの季節だとしみじみ夜道を歩きながら思った昨夜でした。

投稿: カタリナ | 2007年4月12日 (木) 09時53分

カタリナさま、書き込みありがとう
ございます。新しいスタート…春ですね。
みんなみんな挑戦していただきたい、今年の
元日、晴佐久神父さまの言った御言葉思い
出しました。でも、私たちはちょっと様子を見たほうが…とも言われていましたが、
先のこと自分の病のことを考えると今
ここで無理をしてでもそうするしかない
そう思い神様に導かれて今日も過ごさせて
いただいた事に感謝しております。
私もいつかおちついたら、勉強会参加したいものです。いつになることか…。

投稿: いちご | 2007年4月12日 (木) 21時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/6058985

この記事へのトラックバック一覧です: † 最後の十字架 †:

« † イエス様の御力 † | トップページ | † 晴佐久神父様の講演会 † »