« † 苦しみ悩みの十字架 † | トップページ | † 祈りは力 † »

2007年5月28日 (月)

† 追悼ミサの日 †

昨日は、主日のミサであったがいちごは前日の夜、ミサに与った。その代わり、福岡大名町教会で、ヨセフ司教様の1年忌追悼ミサが行われた。司教さまがいるからここは、カテドラル、そして会館のよう大きい教会である。ここのミサは、初めてであった。時間より余裕を持って早めに出かけ、センターでカトリック系のグッズがたくさん並んでいたので、眺めながらカードを数枚購入した。来ていた方ほとんどが何かしら購入していたんじゃないかと思うくらい、シスターさえも買い物をしていた。こんな光景は珍しいと思った。

そして、席を探す。これといって知り合いはいないが、たまたま前列のあたりにどうぞって促され、そこには、久留米教会で朝いつもお会いする方がいらした。この方、オルガン奏者でクリスマスのとき、いちごが祈りに行ったときに演奏をしてくれていた方である。軽い挨拶をして席につく。あたりを見渡すとステンドグラスに囲まれて本当にきれいなつくりであった。その中でじっと、目を閉じて祈りをする。

今日、ここに参加できたことに神様に感謝して、道に迷うことなくこられたのも神様のお導きだと思っております。そして、ヨセフ司教さまが帰天されて1年近くも司教様不在のこの福岡教区にとってこれから、きっとふさわしい方が選ばれてますますイエス様の愛を福音していくことができますように・・・。

30分前になったら、みんなでロザリオの祈りを唱えた。すばらしい。この大きな会場で聖霊と天使がたくさんいる中でこの大人数でロザリオを唱えたら、ヨセフ司教さまもマリアさまもきっと喜んでいるに違いない。いちごも一緒にいつも持っているイエス様を出して、ミニロザリオと普通のロザリオを二つをいつも持って祈りを捧げる。きっと倍になっているかなーなんて思いながら・・・。

周囲を見ていたら、ロザリオには人を癒す力があるのか、シスターでさえも居眠りをしていた。実際、私も眠りそうだった。そのくらい心地よい雰囲気の中でロザリオの祈りは修了して、ミサがはじまる。

司式は、なんといちごが大分にいた時、いつもお世話になっていた引退した平山司教さまであった。久しぶりの声、お歳を召しても変わらず、暖かい心が伝わってくる。

大分の神父さまもほとんど参加していたし、私の通っている教会の神父さまももちろんいらしていた。後輩にあたる神父さまからヨセフ司教さまの思い出話をいくつか、お話してくれた。この司教さまは、神父さまを大事にし、そして信徒の方も大事にし、イエス様の愛を最後まで述べ伝えていらした方であった。

私たちは、神様から選ばれた存在であって、選ばれない人もいるという事を悟るように私は、イエスさまから言われた。

今、転居して周囲にいる友人の一人についてのことであったが、お御堂の中でいただいた言葉である。主は、彼女を神の世界へは、導いていない。何でも素直に信じてしまうのは危険であるから、真実を見なさいと、見せられた。はっとするような光景であった。私が知っている彼女とは、まるで別人であった。これが自由意志によって現実なのだと主は言われた。

また、いちごの人間不信に陥りそうな予感がした。あれだけ信じていたのに、またも裏切りというのか、簡単にうそをついてその場をとりつくろっていただけなのであった。そこまで私には、まったくわからなかった。でも、神様が教えてくれたので、もう大丈夫…過去のメールを見ても確かにこの曜日には、まったくメールがきていない。そうなんだ。口では、どんなことでも言える、でも実際、行動に移してできるかというとなかなかできないのが現実なのであった。

やっぱり、人間は信じられない、私には、こうして導いてくださるイエス様しか信じられない。そう強く思うし祈る。でも、祈りの中にあるように、変えられないものを変える勇気を神様、私に与えてください。

父と子と聖霊のみ名によって アーメン †

|

« † 苦しみ悩みの十字架 † | トップページ | † 祈りは力 † »

コメント

こんにちは。
お久しぶりです。高円寺のluke8488です。

お元気ですか。

遅ればせながら当方ブログでのブックマークが完了しましたのでお知らせします。

いちごさんとご家族に神さまのお恵みといつくしみが絶え間なくふりそそがれますように。

投稿: luke8488 | 2007年6月 2日 (土) 09時18分

luke さん、こんにちわ。
ご無沙汰しております。
お正月でミサ後にお会いして以来
ですね^^
先日のヨセフ司教さまの記帳に私は、
堂々と高円寺教会所属って書いて
きました。良い気分でした。
早く体調をよくして、高円寺行きたいの
ですが現実は、あせればあせるほど
無理っぽく遠ざかっていきます。
でもいつか、神様が導いてくださる事を
信じて祈り信仰生活を続けます。
これからも、よろしくお願い致します。

投稿: いちご | 2007年6月 2日 (土) 22時06分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/6586670

この記事へのトラックバック一覧です: † 追悼ミサの日 †:

» バイク輸送業者を選ぼう [バイク輸送業者を選ぼう]
バイク輸送について紹介しています。少しでもお役にたてばうれしいです。 [続きを読む]

受信: 2007年5月29日 (火) 17時47分

» ステンドグラス といえば [ステンドグラス?]
こんなのもありますね。 [続きを読む]

受信: 2007年6月 4日 (月) 00時57分

« † 苦しみ悩みの十字架 † | トップページ | † 祈りは力 † »