« † 私の召命 † | トップページ | † イエスさまの愛 † »

2007年7月25日 (水)

† キリストの御体 †

いちごは、時間の都合がつく限り今は教会のミサに参加しているいくら深い信仰を持っていても人は弱いもので、ちょっとしたことでつまづいたり、転んだりもする私は、どうやら背負わなくてもよいはずの十字架まで背負っているようだ。事実、日曜日から頭がいたく眠り病になっていた。薬を飲んでいるせいもあるが、ちょっとこの眠りは違う。そう、誰かが眠くてその背負っている十字架の中から眠りについているみたいだ。

数日前は、全く眠れない状態で、朝4時に起きてご飯を炊いて神様、そしてご先祖さまへ捧げた。先日、亡くなった母の夢をみた

その中で母は、喉が渇いてお腹が空いてしょうがないから、早く病院へ行って私の食べるものをもらってきてちょうだい

と言う。でもよく考えたら、夢の中なのに母はもうこの世に肉体はないのである。おかしいと気がついて目が覚めた。そう、それから母の前にお水とお茶菓子や果物、ご飯をあげるようにしている。今でも、いや亡くなったから今は何でもわかっているからこそ、夢の中で母に怒られる。どこまでが現実でどこまでが夢の世界、そしてカトリックはどこまでどこから…?いろいろな思いがわいてくる。

そんな時、ミサに参加することで心も清くなり、また新たにスタートできる感じがしている。今、主に通っている高宮教会は、神父様はみんな日本人で、でも言葉の壁がない分、いろいろな思いや感じたことを静かにお話してくれる。あの静かな空間で目を閉じて聞いていると今日もミサに参加できたことを心から神様に感謝して祈る。

そして、平和の挨拶・・・キリストの御体

と言っていただくご聖体の味・・・が最近変わってきた。みんなそうなのかな?当初は、しけっていたので柔らかい感じであったがいただく回数が増す毎にご聖体の中に硬いものを感じる。私は、最近は口に入れてからゆっくりと席に戻って祈りながらいただく。その中に硬いのが確かにある・・・。

信仰が深まるとそうなのかな?わからないけれど、とてもおいしいし、朝ご飯を食べていなくてお腹が空いていてもご聖体をいただくだけでお腹がとりあえず満たされる。これこそ、エスさまのなせる御業だと思うし、感謝である。喉が渇いていてもその渇きをうるおしてくれる。こんなに守られている私達を愛してくれているイエスさま、そして全ての天使と聖人の方に心から賛美と感謝を讃えよう。

明日は、私の保護聖人聖女アンナさま(マリアさまの両親)の祝日である。明日もミサに参加してアンナさまへいつもお世話になっている祈りと感謝の気持ちを伝えようと思う。

父と子と聖霊のみ名によって アーメン †

|

« † 私の召命 † | トップページ | † イエスさまの愛 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/7275389

この記事へのトラックバック一覧です: † キリストの御体 †:

« † 私の召命 † | トップページ | † イエスさまの愛 † »