« † キリストの御体 † | トップページ | † お母さん † »

2007年8月31日 (金)

† 帰天された人のミサ †

今週、8/27(月)福岡大名町教会で、帰天された人のためのミサが聖モニカの祝日に行われた。私は、実家の母の分を事前に申し込みしておいたので参加した。少し速めにと…言われて行ったが、みんなもっと早めにきていた。受付を済ませると持参した額入りの写真を渡す。裏には、母の名前、帰天日、住所、依頼者等を書いた紙を張っておいた。私は、中へ入りいつものように聖水をつけ、十字を切る。どこの席にしようか考えているうちに勝手に足が動き出す。一番前の席で、しかも母の名前が書いてあるすぐ近くであった。おおー。なんてありがたい。

”これこそ、今日のお恵みだわー”

とか思いつつ、しばし祈る。その間にもみんなでロザリオの祈りをしていたので途中から参加した

自宅で朝の祈りをしていたら、神様から言われた。晴佐久神父さまのお母様、晴れママも一緒に行ってもらいなさい。早速、時間のある中でフレームをつけ、写真をコピーして作成し、一緒に当日受付でお願いした。受付の人は、キョトンとしていたが高円寺教会の晴佐久神父さまのお母様です。と言うととても驚いた表情であった。晴れママは、セシリアと霊名があるが、私達の間でも晴れママで充分、祈りを取り次いで下さるので一人づつ名前を読み上げる時、名前だけであった。でも晴れママだからいいのかな?

ここ福岡でも晴佐久神父さまの人気はすごく、この写真は誰が持参したのですか?って問い合わせがあったくらいである。そして、みんな晴れママの前では、お辞儀をして祈りをしていた。晴れママやっぱり、聖人だわ。心の中で思った。

通常のミサが行われた後、追悼式が行われた。その中で、帰天された人の前で丁寧に聖水をまき、お香をたいて、清める。それから、一般の仏式でのご焼香も行われた。日本の文化を尊重しながらもカトリックはきちんと同居していると思った。私は、一番前の席でみんなのお写真を見ているうちにその人の生涯が浮かんできて、涙が出た。母の葬儀では、涙を見せなかった私に姉は

”あなたは、冷たい人だ”

と言った。でも、今こうして落ち着いて見てみると涙が溢れてきて止まらなかった。でも、涙は拭かない。そう、イエス様がミサが終わるまでに全ての涙をぬぐってくれるから・・・実際、今度もその通りであった。神様は私達のみ心全てをわかっておられます。だからこそ、こうして今日一日生かされていることに感謝しながらも祈りを捧げています。

これで、母もきっと一段落して落ち着いてくれ、仏の世界で初心者として過ごせることでしょう。でも、今でも夢の中で怒られたり、こんなものが食べたいとかのどが渇いたとか、いろいろなことを言ってくる母は、亡くなっているのに生きている感じさえもする。でも、今私にできることをしてあげて、それで母の気が済むのなら良いかと思い、日々祈りも捧げている。カトリックとともに・・・

|

« † キリストの御体 † | トップページ | † お母さん † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/7747718

この記事へのトラックバック一覧です: † 帰天された人のミサ †:

« † キリストの御体 † | トップページ | † お母さん † »