« † アンナの入院生活 † | トップページ | † シスターになりたい † »

2008年2月15日 (金)

† 灰の水曜日 †

私は、先日一時退院となりました。入院生活ってこんなにもいろいろな意味で充実しているのだと感じておりました。それも、信仰があったから…

私は、病室でもテレビを見ない生活を送っていました。それでも、まったく不自由を感じることはなかったのです。自分に与えられた信仰一筋の時間だと思い、聖書を読んだり、聖歌を聴いたり、御言葉を味わったりしていました。

高円寺教会のままで籍は移動していないけれど地元高宮教会でお知り合いになった信者さまがお見舞いにきてくれたりと信仰の話はつきないし、本当にありがたく神様に感謝しておりました。そして、たくさんのお恵みをもいただいて日々感謝の祈りを捧げておりました

退院して主日のミサは、灰の水曜日が過ぎていました。でも、ミサの最後に灰を受けていない人は、神父さまより一人ひとり丁寧に受けてきました。

私もそうでした。額に灰をつけて十字を切り…

改心して御言葉を味わいなさい†  

そして、アーメン† 

なんだか、今までの悩み、苦しみが一気に飛んでしまったかのようでした

さあ、心も体も清くなったイエスの弟子の私たちにできることは、福音を述べ伝えることです。一人でも多くの人が、イエスさまの御言葉を聞いて心も体も癒されますように、今夜も祈ります。

”ミサの心で毎日の生活をおくろう †”

”罪が増したところには、恵みはなおいっそう満ちあふれた” 

 (使途パウロのローマへの教会への手紙5-20より)

|

« † アンナの入院生活 † | トップページ | † シスターになりたい † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/10532229

この記事へのトラックバック一覧です: † 灰の水曜日 †:

« † アンナの入院生活 † | トップページ | † シスターになりたい † »