« † 神様からのメッセージ † | トップページ | † 涙の病者の塗油 † »

2008年3月 4日 (火)

† 司祭・助祭さまの誕生 †

平成20年2月11日は…

福岡教区では、新司祭・助祭の誕生 叙階式がカテドラル大名町教会で開催された。私は、退院して間もないときではあったが、叙階式に与りたくて参列した。時間より早く行ったのに会場は既に大勢の人であった。およそ1500人の信者さまらがいらしていたらしい。

† 福岡教区の神の民は大きな喜びに包まれ、神に感謝を捧げた †

開催を告げる鐘の音に合わせて

♪マラナタ♪

が歌われ十字架を先頭に約60人の司祭団が受階者を包む。福音朗読の後、候補者がそれぞれ司教の前に呼び出され、叙階されるに相応しい人として証言された。

助祭候補者は・・・神の愛の業に参与し 主に仕えることをよしとし 人々の奉仕のために一身を捧げることを約束した †

司祭候補者は・・・神の言葉を全ての人に伝え 信者の秘跡による育成と神の教会を築いていくことを約束した †

ここで諸聖人の連願を全員で行った!いちごのアルバムでも掲載しているが、もっと略式ではあったが祈りを唱えているだけでいつの間にか癒されているのが不思議だから…みんなあくびが出るくらいリラックスして癒されていた。私もついつい眠ってしまいそうだった。それだけ、諸聖人に対して祈りを捧げることは、尊いものであるし必ず祈ればイエスさまへ取次ぎの祈りをしてくれるのである。

司教は、助祭に対して按手をし 聖霊の七つの賜物を願い 神の民の模範となるように祈った。助祭の奉仕がしやすいようにストラが斜めのかけられ、福音を読む務めのしるしとして福音書が手渡された。

司教は、聖霊の賜物を願い、司祭候補者に叙階のための按手をし、司祭団は受階者を迎え入れるしるしとして一人ひとり新司祭に按手した。その後、新司祭が司教に協力し 日々の生活の模範によって全ての人を正しい道に導くことができますようにと祈りを捧げた。

新司祭は、司祭職のための聖香油の塗油を受け受洗教会より奉納されたパン・パテナ・ぶどう酒と水、そしてカリスを拝受した。

マキシミリアノ・マリア・コルベ新司祭から・・・長く待った叙階式でしたが、神は見捨てることなく 時宜に適ったご配慮でした。力不足の身ですが宜しくご指導ください †

ヨゼフ新助祭から・・・16年の召命の道です 司祭になれるまで一層の祈りを御願いします 神学生のためにも祈ってください †

その後、新司祭の祝福があり喜びの声がいつまでもこだましていた。ミサに与れて本当によかったと神様に賛美と感謝の祈りをしました †

|

« † 神様からのメッセージ † | トップページ | † 涙の病者の塗油 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/10937206

この記事へのトラックバック一覧です: † 司祭・助祭さまの誕生 †:

« † 神様からのメッセージ † | トップページ | † 涙の病者の塗油 † »