« † 殉教者を育んだ教会 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 その1† »

2008年7月25日 (金)

† 殉教者を育んだ教会 続 †

簡単に188人と言いますけれども、みんな私たちのことです。今、私たちが抱えているこの人生の問題なんです。私たち神父が抱えている悩みです。おんなじ悩み、おんなじ希望を持って生きた先輩たちです。彼らが帰ってきます。また迎えましょう。

教皇さまは、26年前日本に初めて訪ねてきたときに、こう言ったんです。「私は、巡礼者として、この地にきました。」巡礼者として、だから日本の行く先々でひざまづいたんです。教皇ヨハネ・パウロⅡ世、ポーランドの出身です。ナチスの悲惨なあの苦しみの経験を持っているんですよね、それは、迫害の経験です。

「日本には、まだ知られていない、そして本当は日本の教会をあの時代、一番良く支えてきた信徒たちがいたでしょう。彼らに光を当ててください。」 本当に地域で支えたのは、その地域のバルナバたち、つまり慰めの子といいます。宣教師にとっても、その人は慰めでした。仲間の信徒たちにとっても、この人がいないと自分たちはもうつぶれてしまいそうだったんです。そういう人たちが、ずーっと日本の教会を支えてきたんです。バルナバ、あだ名ですね。この人なしには、あのエルサレムの初代教会は、語れなかったんです。  日本も同じです。日本の各地でそれぞれバルナバになってくれたような人たちがずーっといたんです。だから続いているんです。

長崎県五島列島にたくさんの巡回教会というのがあって、島のちょっと奥まった所に行くと道は細いし、どうかすると車も行かない、そういう所にきれいな教会があるんです。入っただけで「ああ、ここは祈っている。」 ってわかるんです。その教会に入っただけで、何となくここは土足で入ってはいけないって思うんです。だから、静かに靴を脱ぐんです。そこには、今朝ミサはなかったはずなのに、しかし信者たちが集まって祈ったぬくもりがあるんです。祈りの本がまだ温かいんです。聖歌集が、まだそこに温かいぬくもりを持ってあるんです。  神父は、時間がくれば替わるんです。でもその人たちはいつも一緒に住んでいます。

だから、大切なことは仲間に相談するんです。それが、日本の教会の最初からの姿なんです。宣教師が追い出されて、一人の司祭もいなくなって、それでも信徒だけで教会がずーっと伝わっていくんです。こういう経験をした教会は、地方教会は、実は日本だけなんです。

日本の教会を振り返るときに、殉教の話、彼らが自分で望んで、そのことを引き受けたんです。「 どっちを取りますか?って。これを捨てたら、こっちが得られますよ。あなたが信じているかけがえのないものを捨てなさい。そうしたら普通の暮らしができます。」 かけがえのないものを捨てるのか、あるいは今、圧倒的にみんながしているような平凡な生活を選ぶのか、強く迫られた時に、「 いいえ、私たちは命に勝るものがあるんです。そっちを選びます。」 そう言って、ほとんどの人たちが選んでいきました。

そこまでに、人間を育てていったものがあります。かけがえのないものを見つけた人間のエネルギッシュな姿です。かつて日本中がそうでした。キリスト信者たちが何かをし始めたときに、本気で生き始めたら、そこが変わっていったっていうことなんです。それは事実です。

今の教会は、別に彼らが何をしようとしても、別に何の害も益もない、その程度のもの。それが今の日本のカトリック教会の姿でしょう。 殉教者たちを育んだ教会、私たち今のカトリック信者たちを育む教会、同じ教会のはずです。あの時代出来たんです。なぜ、今、出来なくなったんでしょうか??

 古巣神父さまの講和より  

|

« † 殉教者を育んだ教会 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 その1† »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/22545462

この記事へのトラックバック一覧です: † 殉教者を育んだ教会 続 †:

« † 殉教者を育んだ教会 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 その1† »