« † 殉教者を育んだ教会 その3 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 最終 † »

2008年8月29日 (金)

† 殉教者を育んだ教会 その4 †

そしてザビエルから始まって、最初の20年間は、ほとんど言葉による宣教はしていないんです。大分の府内で、アルメイダという医者がイエズス会に入って、総合病院を建てて、そこにハンセン病、孤児院も作っています。最初の20年間は、そういうことです。キリストは深く憐れんで、そして近づいていって、棺に手を触れて「もう泣くな。」 って言ったんです。もう泣かなくていい、神様の慈しみはそういう姿で今も現れてくるんだと思います。

熊本の慈恵病院が、「コウノトリのゆりかご」っていう、あの働きを始めて、かなり大きなインパクトを与えています。皆さん、ご存知でしょう。あそこはもともと明治31年にフランシスケンのシスターたちが来て、そしてハンセン病の療養所を始めたところです。社会から落ちこぼれてくる命の受け皿をつくったところです。そして今、それが一区切りつきました。でも、じゃあ社会から命は落ちこぼれてこないか。そうではありません。公衆便所で捨てられていく子供、生ゴミのようにゴミ捨て場に置かれた子供、そういう子供たち、赤ちゃんがあちこちにいます。新聞にも載りません。そのような受け皿をまたつくったんです。熊本の教会は、みんなそれを応援します。信者でない人たちが全国から、役立ててくださいとたくさんの寄付が集まってきます。かつて、あの時代にしていたことです。

京都で火あぶりになったテクラ橋本という母親、お腹にはもう1人子供がいます。両脇に2人の子供を抱えています。隣の柱には13歳のカタリナという女の子が、弟を一生懸命抱いています。火が付けられた時、その13歳のカタリナが隣から言ったんです。「お母さん、もう何も見えません。」言葉を換えて言うと、「お母さん、これは本当のことでしょうか、もう訳が分かりません。」と言ったんです。そしたら母親が「大丈夫、間もなく何もかもはっきり見えるから、それまで待とう。」と言ったんです。「マリアは、このことがよくわからなかった。しかし心に収めておいた。」聖書にはこの言葉が、マリアを語るとき、出てきます。ひとつのリズムであるからわからなかった。何の意味かわからない。なぜ、こんなことが起こるのか、何を言っているのか。でも、そーっと心に収めておいた。

|

« † 殉教者を育んだ教会 その3 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 最終 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/23334392

この記事へのトラックバック一覧です: † 殉教者を育んだ教会 その4 †:

« † 殉教者を育んだ教会 その3 † | トップページ | † 殉教者を育んだ教会 最終 † »