« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »

2008年10月23日 (木)

† 信仰のきずなと教会 †

「教会とは、イエス・キリストを信じ、ともにその教えを伝承し、人びとにも伝えるすべてのキリスト信者の集まりです」 どちりなきりしたん

「これで有馬の教会の信仰がお分かりでしょう。わたしたちはみな同じこころで、ひとつになっています」 レオ武富勘右衛門

愛する者に囲まれて人は自らを自覚します。そこに居場所を見つけるからです。居場所とはきずなのしるし。家族も教会もきずなによっていのちをはぐくみ、実らせます。

ロザリオとろうそくを手にした2万人ものキリスト信者が殉教する8人の仲間を見守っていました。2万人の仲間の祈りは地鳴りとなって天にこだましました。

「わたしたちキリスト信者は、何のとりえもない貧しい者ですが、神の子供と呼ばれる身分にしていただきました。」

貧しさの自覚と告白、そして神の子供となるめぐみを受けた喜びが、苦労する仲間との一体感を育てます。いのちを賭けてまでも、弱さのために教会から離れた仲間を励ます天草のアダム荒川。

「同胞の救いのために、最後まで前進したいという、大きな希望を抱いている」 と言い切るペトロ岐部。殉教の時代、キリストの神秘体を構成する一員たちです。

わたしはいま、何に囲まれていますか。誰かに見守られていますか。どこに居場所がありますか。何にもかえがたい、確かなきずなを持っていますか。「同じ思いで生きることの幸せ」 を感謝できますように。

<祈り>

いつくしみ深い父よ、あなたは何のとりえもないわたしたちを、めぐみによって神の子の身分にしてくださいました。このきずなによって集められたわたしたちが思いをすべての人に伝え、あなたときずなのうちにまことの幸せを見いだすことができるめぐみをお与えください。 わたしたちの主イエス・キリストによって アーメン †

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月14日 (火)

† みことばと確かな信仰 †

ペトロ岐部と187殉教者の列福を控え共に祈る7週間が始まった。日々の祈りの中で取り入れて無事に列福式が行われますように…†

義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである。  マタイ5.10

残念なことが一つあります。将軍様はじめ、すべての日本人をキリストへ導くことができなかったことです。  ニコラオ福永ケイアン

宣言されたみことばを宿し、大切にはぐくみ、やがていのちを賭して、みことばが唯一の希望であることをあかしした多くの殉教者をはぐくんだ教会。いま、だれが宣言し、だれがはぐくみ、だれがあかししているのでしょうか。わたしたちへの問いかけです。

<祈り †>

永遠の父よ、みことばは人となり、世界に光が与えられました。信じる者のこころに宿られたみことばが、日々の生活を照らし、そのみことばをすべての人びとに伝えることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン †

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月 8日 (水)

† 殉教者を育んだ教会 最終 †

先週の主日のミサより、共に祈る7週間が始まりました。11月の列福式を控え更に殉教者の思いをより深めていくようにとの意向です。

「私は親からキリスト様はカルワリオに行く時、自分で歩いて十字架を担いで行ったと聞かされています。だから、私も歩かせてください。」 これは、島原の有馬川という所で8人が火あぶりになったときに、12歳のディエゴ林田という男の子が、役人も信者でしたから、川の中州に渡らせようとしたときに、この12歳の男の子を背中に背負うとしたんです。それを断って言ったときの言葉です。

「私も歩かせてください。」

キリストは自分で十字架を担いで、カリワリオに行ったんです。私もそうしたい。あの殉教の記録を読みますと、彼らが口にするのはいつも聖書との兼ね合いです。重ねるんです、自分の人生と。そして、みことばの中に、神様から差し出されたその教えを重ねて生きようとする。なぜ、あの殉教者たちはあそこまで信仰が育っていったのか。これを、カテケージス、信仰教育なんです。

人にもっとも大切なものは何ですか。あなたにとって一番大切なことは何ですか。  人にもっとも大切なものは愛です、優しさです、思いやりです、絆です、いろいろ書いている。確かに間違いではないと思います。長崎教区では、20年くらい前まで、「人にもっとも大切なものは何ですか。」 「人にもっとも大切なものは宗教です。」 では、「宗教とは何ですか。」 「宗教とは神に対する人の道です。」 これは、カテキズム公教要理に書かれている教えです。

信仰は、ベースは教育なんです。教育をやめたときに、信仰はやがて壊れていきます。家庭が絆を持っていた。それは家庭の中に信仰教育があったんです。「私どもは親から、キリスト様はカルワリオに行くときに、十字架を担いで行った、と聞かされております。」 親から伝わっているんです。

今、何を伝えていますか。この教会の信仰教育はどうなっていますか。信仰教育を本気でしようと思えば、教える人を養成しなければいけません。これを、教え方さん、伝道士、カテキスタと呼びます。生活そのものが伝わっていかないと、信仰は伝わらないんです。

この殉教時代が始まった時と、殉教者たちの最後の言葉は「いとも尊き聖体は賛美されたまえ」という言葉が最後の言葉として記されています。息を引き取る間際の言葉です。絶命する最後の言葉が、聖体に対する賛美の言葉なんです。この組が出てくるのは、迫害が始まって殉教の時代に入ってからです。仲間が殉教したり、あるいは怖くて教会から離れていったりする時に、40時間ずーっと続けて祈ったグループがいました。あの時代の教会は、深い祈りを持っていました。

今、原城で発掘調査が本格的に始まっています。本丸の石垣の回りに約1メートル50センチくらいの層で、累々とした骨が重なって出てきます。もうびっくりするくらいです。そして、その骨の中からたくさんのロザリオの玉が出てきます。たくさんのメダイが出てきます。たくさんのちいちゃな十字架が出てきます。もちろん火縄銃の玉も出てきます。材質は同じです。1個の火縄銃の玉の重さと、そしてそれをつぶして細工して作られたと考えられるこのメダイの重さ、1個の鉄砲の玉と1個のロザリオの玉の重さ、同じ重さなんです。ということが明らかになってきたことは、あの極限状態の中で追い込まれた状態の中で、あそこにいた人たちは戦いの道具を平和の道具に作りかえていったんです。人を殺す道具を祈りの道具に作りかえていったんです。その事がはっきりしてきました。

そしてもっと驚くのは保存のいいしゃれこうべ、この頭蓋骨の下あごのまん中にメダイが出てくるんです。それは首をはねられる前にメダイを口にくわえて首をはねられたと考えられています。なぜそんな事をしたのか。

人を殺す人が許す人に、憎む人が愛する人に、批判する人が褒める人に、ケチな人間が気前のいい人に変わっていくんです。聖体とは過越です。罪の人が命の人に変わっていくんです。最後の最後まで変わることは出来ます。水がぶどう酒に変わるんです。聖体とは何か。聖体とは、キリストはパンを取って、人生を取って、感謝をささげ、それを粉々に割って、裂いて、与えて、仰せになりました。「あなたも行って同じようにしなさい。」 「キリストの御体」、「アーメン」。「あなたも同じようにしますか。」「はい、そうしたいです。アーメン」 そう言って受けるんです。

なぜ、あんな不思議な教会が日本の教会の中にあったのか。それは聖体をふかーく生きたんです。聖体はあずかるものではありません。あずかって生きることです。生きたら変わります。それが日本の教会の記憶です。絶望の隣に誰かがそっと腰かけた。絶望は隣の人に聞いた「あなたの名前は何ですか。」「私の名前は希望です。」

皆さん、どうぞですね、この188人のわれわれの先輩たち、私たちが無くしたもの、忘れたもの、あきらめているもの、それをもう1回照らすために送られてくるんです。そのような受け止め方が出来ればと思います。

皆さん、どうぞ私の話したことを通して、これまでの信仰生活を少し振り返ってみて、そしてゆるしの秘跡を通して新たな力をつけられる事が出来ればと思います。

父と子と聖霊のみ名によって アーメン †

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年11月 »