« † 列福式に参加できない人のためのミサ † | トップページ | 祈り † »

2008年11月26日 (水)

† この世での涙 †

今日は、同じ病を持つ友人と話をした。友人は、私と同じく離婚をして母子家庭で息子を育てている。それだけでも、尊敬に値すると思っている私は、我子とは離れて住んでいる。

時おり、我息子からの電話に元気でいるのだなーと納得して母の顔になる自分がいる。今は、息子は成長したので何と言っても自分で決めた生き方なのだから、責任を持って社会人として行動して欲しいと願っている。話を聞いて欲しい・・・そんな思いだけで電話をしてくるのだと最近になってわかった母です。

一方、同じ母でも友人は息子の事で悩んでいた。日々の出来事に一喜一憂している様子、私が話を聞いているのだが・・・違う、イエス様が聞いてくれている、そんな感じがした。私の口から出る言葉は、神様が語っていた。いつも、お祈りをしているので今日は、私の耳と口を使ってくださったのかと思う。ありがたいことである。

子育ては、待つこと。これが親にできること。年頃の子には、うっとしいだけで邪魔な存在に見える親であるが、必ず、待っていたら先方から話す時期がくると語っていた。そういえば、神父さまの勉強会で聞いたような…気がするかも!!

友人は、自分が死んだ時の話をした。私が死んだら、周囲の人に泣いて欲しくないと言っていた。それは、自分自身のこれまでの人生が涙だらけであったから・・・そう言う彼女の目には、涙が・・・そんなことはない。この世での涙が多かったから、これから先はそうはなるとは思えないと否定した。神様は、そんなこと絶対に望んでいるはずがないから…

未来は、わからないけれど涙を流すときもあるけれど微笑むときもある。それが、神様のおつくりになった人間の姿だと思う。

”わたしは滅ぼし尽くす。しかし、お前を滅ぼし尽くすことはない。わたしは、お前を正しく懲らしめる。罰せずにおくことは決してない。” 

 エレミヤ30より

”苦難の中で、わたしが叫ぶと主は答えてくださった。黄泉の底から、助けを求めるとわたしの声を聞いてくださった。  わたしの祈りがあなたに届き、聖なる神殿に達した。救いは主にこそある。”   

 ヨナ書2より

|

« † 列福式に参加できない人のためのミサ † | トップページ | 祈り † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/25672424

この記事へのトラックバック一覧です: † この世での涙 †:

« † 列福式に参加できない人のためのミサ † | トップページ | 祈り † »