« † 信仰のきずなと教会 † | トップページ | † ペトロ岐部と188人の殉教者たち † »

2008年11月 6日 (木)

† ゆずれないものとまことの自由 †

「他のことであれば、すべて従うことができますが、救いにかかわることならば、受け入れることができません。」  レオ税所七衛門

<聖人レオ>

その昔ローマがゲルマン民族の侵入に悩まされていた当時、敢然と彼らの侵入を防いだことで知られている。

洗礼をうけたときの決意を表したことばが残っています。

「承知しています。しかし、キリストの教えに救いがあると分かったので、だれも、わたしをそこから引き離すことができないでしょう。」

たとえ主君の命令であってもこの信仰だけは捨てることができないと、洗礼を受けるときに述べているのです。キリストを信じる者は、たとえ親であっても主君であっても、教えに反するものには従うことができないとの信念に生きています。実際、かれはわずか4ヶ月の信者生活を送ったに過ぎません。殉教のときのことばも、受洗のそれとまったく同じです。

<祈り>

人々のまことの自由を与えてくださる神よ、殉教者に学ぶわたしたちに、大切なものを見分ける確かな判断力と、どのような困難の中でも、ゆずることのない信仰をお与えください。 私たちの主イエス・キリストによって アーメン †

|

« † 信仰のきずなと教会 † | トップページ | † ペトロ岐部と188人の殉教者たち † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/25076827

この記事へのトラックバック一覧です: † ゆずれないものとまことの自由 †:

« † 信仰のきずなと教会 † | トップページ | † ペトロ岐部と188人の殉教者たち † »