« † 祈り † | トップページ | † この世での涙 † »

2008年11月24日 (月)

† 列福式に参加できない人のためのミサ †

今日は、長崎で盛大にペトロ岐部と187人の殉教者の列福式が行われた。でも、様々な事情により参加できない人がいる。私もその一人であるが、福岡では、大名教会で長崎の列福式の式典の様子をインターネット中継で大スクリーンで公開してくれた。さらに、列福式に参加できない人のためのミサが行われた。

本当にありがたく、神様に感謝であった。聖歌も列福式会場と同じ、聖書朗読も同じ箇所…神父さまも殉教の赤の祭服であった。

今日のお説教の中で…

殉教者の証したことは、”この世に神様がいる”ということ、これが何よりの大きな支えである。私たちは、価値のある生き方をするのには殉教者の生き方を学ぶ必要があります。

そして、家庭がどれほど大切な意味を持つのか?殉教した人たちのほとんどがごく普通の家庭であったこと、家庭に於いて大きな力である神様の信仰を継承していくことが求められているように思います。

神様を無視しては、家庭も成り立たない、今日の私たちに問いかけられている一つの課題でもある。 今日のこの感動・感激を忘れずにこれからも生きていくことができるようにお祈りしましょう †

そんなお話をされた。

今日のミサにこんなにたくさんの人が集まってくれてありがとうと感謝の言葉をいただいた。思えば、長崎へ行くのは、当然のことではあるが、神父さま自ら司教さまに願い出て留守番とごミサを依頼したと言う。すばらしいと思ったし、私たちは信仰によって救われたとも感じました。

留守番神父さまは、もう一人いらっしゃっていて、聖霊のお祈りの会でお世話になっている神父さまであった。一緒にミサを捧げてくださって、私はこの神父さまよりご聖体をいただいた。心は、み言葉と聖霊に満たされて涙があふれた。

現地長崎へは、いつか行ける日が来ますようにお祈りします †

そして、信仰を持たない人の上にもこの列福式を通して神様が恵みを注いでくださいますようにお祈りします †

父と子と聖霊のみ名によって アーメン

|

« † 祈り † | トップページ | † この世での涙 † »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/25626071

この記事へのトラックバック一覧です: † 列福式に参加できない人のためのミサ †:

« † 祈り † | トップページ | † この世での涙 † »