« † 洗礼の招待 † | トップページ | 両親からの手紙 »

2009年1月24日 (土)

† 神の子とならせてください †

先日より心配していた息子からの連絡が今日、ようやく入った。無駄に心配していた自分がいったいなんだったのだろう・・・と思った。心の闇の中の世界へどんどん引きづられていた。

今日、すべては神様のみ心のままになった!

息子からの返事は、

力強く洗礼を受けたい。晴佐久神父さまより・・・

との答えであった。ちゃんと、福音宣言は息子の心に響いて伝わっていたのだと胸をなでおろした。

そして、夜のミサへ行ってきた。神様にお礼を言いたかったのと、お御堂でお祈りがしたかったから…私の通う教会には、入ってすぐにヨセフ様のご像とアシジの聖フランシスコ様のご像がある。その前で、丁寧にお辞儀をしてお礼を言った。

きっと、神様や聖人のみなさんも見守ってくれているのだと感じてならなかった。

私の信仰を受け継いでくれることは、何よりうれしいことである。が、現実的に考えても、困難はあって当たり前の環境である。

まず、息子の住む近くに信者さんがいないこと、そしてキリスト教はご法度の地域、私が洗礼を受けるときでさえも、電話してきてそれはやめておきなさいと亡き母に言われたくらいである。地域によってこんなにも差があることを痛感していたが、未だに実家へ行くときはカトリックは伏せておくように言われている。

でも、カトリックは決して強制はしないし自分の意思でしか、洗礼を授けない。だから、信じている人には、神の子とならせてください †

父と子と聖霊のみ名によって アーメン †

”わたしについてきなさい ”  マルコ1-17

♪ すべての人の救いを願い わたしはあなたを待ち望む ♪

”わたしは世の光である。 わたしに従うものはやみの中を歩むことなく

 いのちの光をもつ。”   ヨハネ8-12

|

« † 洗礼の招待 † | トップページ | 両親からの手紙 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/27433558

この記事へのトラックバック一覧です: † 神の子とならせてください †:

« † 洗礼の招待 † | トップページ | 両親からの手紙 »