« 優しさ | トップページ

2010年1月13日 (水)

神様からの祝福 †

今年、成人式を迎える息子と教会へ行った。
教会で成人の日の祝福を人間からではなく、
神様から頂きたいとの息子の願いであった。
約束の日、息子と待ち合わせの場所で会い、
晴佐久神父さまのいるカトリック多摩教会へ
向かった。
土曜日の夜のミサは、18:30からでもちろん
主任司祭の晴佐久氏の仕式でのミサであった。
いつもなら事前に神父さまに連絡をしておくのだが
今回は全く内緒での行動だった。

ミサが始まり、神父さまが顔をあげるとちょっと
びっくりした表情であった。
そう、私と息子は一番前の席でごミサに与って
いたのである。
久しぶりに見た晴佐久神父さまの

”主はみなさんとともに…†”

この時の広げた手が私は好きであり、全ての
ものをも包み込む偉大なまさに神様のみ手だと
感じている。

この日は、主の洗礼の主日であった。
イエスさまが初めて洗礼を受けたという内容で
ある。

神様の親心、この世には神の洗礼はない。
私たちにとって再洗礼はミサである。

”あなたは私の愛する子”

死は誕生である、天へ一つづつ近づいている
私たちは、死の先どりが洗礼である。次はあなた達の
番ですと神様はおっしゃっています。
今日、この中に私が洗礼を授けた人がいます。
すかさず息子は、

”はい”

 と手をあげて言いました。

洗礼を受けてからどのくらいたちましたか?
半年は過ぎています。この半年間あなたたちは、
何をしていましたか?

目を見て開いていなければ、神様の恵みが
わからない、いつか天に召されていく道を
信じて信仰を伝える証となっている。
本気で信じているならば、本気の信仰を見せる
ときがきている。皆の魂を熱くするために…
それが司祭の召命である。

先日、入院先で病者の塗油をしました。
もう意識がなくて、でもちゃんと耳は聞こえています。
最後の言葉  

”神父さま ありがとう”

ちゃんと答えてくれました。なんと美しい信仰を
持って、神に召されることは心は喜びでいっぱいです。
天が開いて神様が見える瞬間です。

さあ、身をひきしめて2010年をはじめようでは
ありませんか!
私たちは、1日1日を捧げるべきであるとパウロは
天地がつながるような言葉を残しています。
新たに造り変える洗い、それが洗礼です。

私たちは半分死んだものであり、永遠の命を
半分頂いているのです。そんな信仰を大切に
していきましょう。試練は続くけれど希望に
満ちた光景であってほしい。

私が司祭の叙階の秘蹟を受けた時、忘れられない
実父以上の恩・縁を感じる。

”叙階するのは、司教だから…そして私に働く神様の力を信じるから!”

そう言って私を司祭にしてくださった白柳枢機卿さまの
思い、言葉が今でも更なる信仰を持ち多くの先輩たちに
支えられて生きてきた。

”夜、一人でいるのが怖い”

と言い召された人間の弱さ、全てを赤子のようになって
恐れを神様に委ねられていた。

”司教さま、ありがとう!後はお任せください!”

と棺の傍10センチでささやいた。小さくうなずいていた。

2010年を恵みの年にしましょう!
晴佐久君の中に良いものを見たよ。
自分の最後は・・・私が想像しているのより、どんなもの
よりも違う、だから救いです。

私たち親子は、新年のミサのように心を新たにして
信仰をさらに深めて生きていこうと思いました。
ミサ後、息子は神父さまよりたったひとりだけ成人の
祝福をしていただきました。
明日のミサの中でも成人の祝福があるの言うので

”明日も多摩教会へ来たい”


という息子に神父さまは、

”あなたは高円寺教会の信者です。明日、高円寺教会
のミサへ与るように…”

と促してくださいました。
帰りがけ聞いた話ですが、今日のミサはいつもより長く
丁寧にしてくれてありがたかったと…。
神父さま、そして天の父なる神様、私たち親子に
いただいたお恵みに賛美と感謝を捧げます。
これからも、私たちを見守ってくださいますように、
そして、成人の日を迎えた若者たちが教会で活躍
することができますように…†

|

« 優しさ | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/184258/32976420

この記事へのトラックバック一覧です: 神様からの祝福 †:

« 優しさ | トップページ